自分らしく

二脚の赤い椅子

DIYとは正式名をDo it yourself と呼び文字通り自前で制作や準備をするという意味をもっています。転じて家具やインテリアを自分で制作するという意味もあり、日本国内ではむしろこちらの意味合いのほうが強くもたれており、ホームセンターなどにもDIYコーナーが設けられていることが多いです。 DIYは基本的に工業プロダクトや個人の職人が制作したものよりも安く済む場合が多いです。ただ、定期的にDIYを行うことが安くなる必要条件であり、初期投資として工具を揃えたりした場合はなおのことそうなります。 またDIYでの制作物のレンジは広く、細かな木工から椅子といった実用家具、さらには小屋なども含みます。小屋サイズになると材料の調達次第では相当に安上がりになります。

最近家庭でものづくりを行うDIYが流行しています。しかし実際は非常に歴史の古い行為であることが知られています。 そもそもDIYとは自らの手で生活を楽にする何かを作ったりすることであり、石器時代から様々な道具を作ってきた人類にとっては、まさに無くてはならない行為と言えます。古くは石器に始まり、現代においては家具の作成だけでなくリフォームなども個人で行うことができるため、まさに人類の進化はDIYとともにあったといっても過言ではありません。 DIYの歴史を語る上で忘れてはいけないのがホームセンターの存在です。日本においては1972年に開業した店舗が始まりとされており、日曜大工用の道具や材料を数多く用意された店舗は、見る人すべてを楽しませたと言われています。現在では道具や材料の販売だけでなく、DIY教室が開かれているところもあります。 DIYをする上で歴史を紐解いてみることで、また違った面白さを得ることができるでしょう。